よくいただくご質問

患者様・ご家族様からよくいただくご質問

Q:面会時間はいつですか?

A:午前9時から午後4時迄です。

Q:電話の可能な時間は

A:午前9時から午後8時迄です。

Q:面会時の食べ物、持参物は可能でしょうか?

A:入院ご案内冊子にも記載していますが、のどに詰めやすい食べ物類は、職員にご相談ください。食べ物、持参物は、職員にお渡しください。預かります。

Q:衣類の準備はどうすればよいでしょうか?

A:入院ご案内冊子をお渡して、衣類の準備欄を見て貰い説明いたします。それからご準備下さい。

Q:入院期間はどれくらいになりますか?

A:主治医からご本人様、ご家族様に説明をいたします。

Q:入院費用はどれくらいかかりますか?

A:当院の医療相談窓口へお気軽にご相談下さい。精神保健福祉士が相談に応じます。

各市町村にて「限度額適用認定書」を申請しますと、自己負担限度額の負担を受けることができます。又、入院時の食事負担金額についても減額になる場合があります。市町村窓口にご相談下さい。

Q:薬の副作用について教えていただけますか?

A:お薬について何でもお応えします。お気軽にご相談下さい。

Q:他科受診時の付き添いはどうなるのでしょうか?

A:ご家族の方とご一緒に受診して貰います。

Q:名前の部屋表示はしないといけませんか?

A:お名前を表示させていただいて良いか事前に確認させていただきます。名前の表示をしたくない場合は、名前を表示しなくてもかまいません。

当院へ就職希望の方からよくいただくご質問

Q:勤務体制・勤務時間はどうなっていますか?

A:勤務体制は、三交代です。

Q:夜勤者の勤務は、何人で勤務していますか?

A:■ 精神病棟:看護師2名又は、看護師1名と准看護師1名  
   ■ 精神療養病棟:看護師1名か准看護師1名と看護補助者1名
       ■ 認知症治療病棟:看護師1名か准看護師1名と看護補助者1名

Q:勤務時間は?

A:①9:00 ~ 17:15 ②17:00 ~ 1:15 ③1:00 ~ 9:15

Q:仕事内容について教えていただけますか?

A:就職前に説明いたします。
■保助看法に基づき看護師、准看護師の業務について責務を果たします。詳細内容につきましては説明させていただきます。
■看護補助者の業務は看護師の指示のもとに当院の業務を遂行します。詳細内容につきましては説明させていただきます。

Q:待遇面(給与・福利厚生)はどうなっているでしょうか?

A:労務管理事務所の社会保険労務士の方から、個々に詳細に説明させていただきます。

Q:休日・公休は何日?

A:当院の休日は年間101日です。

Q:夜勤は、いつ頃から始まりますか?

A:経験年数にもよりますが、1カ月後よりはじめて貰っています。最初の夜勤は、不安のないよう必ず指導者について見習いをします。

Q:履物は、どのようなものがよいでしょうか?

A: 白い靴であれば紐靴、マジック靴、サンダルなどで大丈夫です。

Q:患者さんの状態はいかがでしょうか?重症度の方が多いのでしょうか?

A: 病棟によって病状は異なりますが、寝たきりの方はおられません。

Q:職場の人間関係はいかがですか?

A: 職場としては、就労者より「ここは、働きやすい」と聞いております。退職者が「当院は、良かった」と話してくれたそうです。

Q:子供がまだ小さいのですが働けるでしょうか?

A: 子供さんの病気には、当院の誇りでもあり育児のサポートをしております。仕事時間としましても、日勤の始まりが9時ですので幼稚園、保育園の送迎時間にゆとりがあると思います。それに残業が全くないので安心です。

Q:介護休暇は取れますか?

A: 労務管理事務所の社会保険労務士が、介護休暇についてご相談に乗らせていただき、ご希望にお応えします。