沿革

岡南病院のご紹介

岡南病院について

当院は一般財団法人浅羽研究所の附属病院として、1963年(昭和38年)に岡山県玉野市田井に、市内唯一の精神科指定病院として開設されました。

2000年(平成12年)には新館の新築と本館の改装を行い、患者様にとってより快適な入院環境を整えました。また平成19年10月22日、「病院機能評価認定病院」の認定を受けました。

患者様の社会参加・社会復帰・生活の質(QOL)の向上を目指し、積極的に自立・退院支援を行っています。

スウェーデンのカロリンスカ研究所との共同研究をはじめ、国内外からの最新情報を取り入れ、患者様の治療にあたっています。

1902年(明治35年) 熊谷省三教授 岡山市弓之町(現在の天神町)に『熊谷病院』を設立、その後弟子の浅羽春之が熊谷病院を継承
1953年(昭和20年)
6月29日
岡山空襲により熊谷病院(院長 浅羽武一)全焼
1953年(昭和28年)
10月1日
財団法人浅羽医学研究所(理事長 浅羽武一) 設立認可
岡山市天神町の『熊谷病院』を同財団附属病院として開設
(院長 浅羽武一:産婦人科26床)
1954年(昭和29年)
10月1日
熊谷病院に精神科(19床)を併設
1963年(昭和38年)
6月17日
玉野市田井2丁目4584に、『岡南病院』を開設
(院長 浅羽武一:精神科・神経科)     100床
1967年(昭和42年)
3月15日
岡南病院(精神科・神経科)108床 増床認可  合計208床
1984年(昭和59年)
8月1日
岡山市天神町の附属『熊谷病院』を廃止(閉院)
1984年(昭和59年)
10月
浅羽武一理事長 逝去 浅羽敬之 理事長就任
1990年(平成2年)
5月1日
「精神科作業療法」承認(同年1月:作業療法センター竣工)
1993年(平成5年)
11月1日
基準看護 病床数 173床・3病棟に変更承認
1996年(平成8年)
9月30日
栄養管理施設の全面移築竣工
1999年(平成11年)
12月
新棟竣工(地下1階、地上3階)
2000年(平成12年)
1月1日
新看護 病床数105床に変更承認
2000年(平成12年)
3月
旧館2階病棟 改築竣工
2000年(平成12年)
4月1日
「老人性痴呆(現認知症)疾患療養病棟1〈新館1階病棟50床〉」
届出受理 病床数155床に変更承認
2005年(平成17年)
4月27日
近隣の山林より火事発生
全入院患者(139名) 玉野市社会福祉協議会(福祉センター)及び玉野市勤労青少年ホームへ避難
2006年(平成18年)
3月1日
「老人性認知症疾患治療病棟1〈新館1階病棟50床〉」
届出受理
2007年(平成19年)
1月15日
「病院開設許可事項の変更届」届出受理
病棟名称変更
新1病棟⇒1病棟、新2病棟⇒2病棟、旧館病棟⇒3病棟
2007年(平成19年)
4月
図書室整備
光ケーブルの導入と院内LAN工事完了
2007年(平成19年)
10月22日
財団法人日本医療機能評価機構による
「病院機能評価認定病院」の認定を受ける
2008年(平成20年)
4月1日
医療制度の改正により病棟名等を改称
「老人性認知症疾患治療病棟」を「認知症病棟」に改称